脇汗を抑える防止法やにおいの原因、わき毛の処理法方など、脇とムダ毛の悩みをとことん追求していきます。デオドラント(制汗剤)や脱毛剤の評判・クチコミ・体験談など

わき用デオドラント剤のスティックとスプレーの違い・効果について


TOP > スティックタイプ > title - わき用デオドラント剤のスティックとスプレーの違い・効果について

私は今年初めてスティックタイプのデオドラント剤を使用したんですが、スプレータイプとスティックタイプの違いってなんなのか、知ってますか?

ふと疑問に思って色々調べてみたんですが、スティックタイプのデオドラント剤は、直接わきに塗れるので、スプレータイプより効果は高くなるという違いでした。

形状が違うからといって、効果が違う、というわけではないようです。

でも実際使ってみて思うんですが、スティックタイプのデオドラント剤って「制汗成分」が弱いものが多いんじゃないかな・・・と思います。

スプレータイプのほうが汗を抑える効果があるような気がするのは私だけでしょうか?


スティックタイプが汗を抑える効果が薄いと感じる理由


スプレータイプのデオドラント剤は、付けるとひんやりしたり、パウダー入りのものだと、サラサラ感がありますよね。

そのひんやり感やサラサラ感で、汗を抑えている効果がある・・・と感じているような気がします。

もちろん、そのサラサラ感は汗をかいたらおしまいなんですよね。

スプレータイプのものは、吹き出る勢いが強いため、あまりやりすぎると肌を傷める可能性があるようなので、私的にはロールオンタイプか、スティックタイプが良いなぁ・・・と思います。


形状の違い=効果の違い


ではなく、


成分の違い=効果の違い


のようなので、デオドラント剤を選ぶときは、どんな成分が多く含まれているか確かめると良いようです。
スポンサーリンク

関連記事
スポンサーリンク
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサーリンク
スポンサーリンク