脇汗を抑える防止法やにおいの原因、わき毛の処理法方など、脇とムダ毛の悩みをとことん追求していきます。デオドラント(制汗剤)や脱毛剤の評判・クチコミ・体験談など

わきの下のニキビは粉瘤?


TOP > わきの下、足の付け根の脂肪のかたまり > title - わきの下のニキビは粉瘤?

わきの下に出来るニキビのようなでき物は粉瘤(ふんりゅう)というできものの場合があります。

どうやら私も粉瘤(ふんりゅう)がわきの下にあるらしく、できものを指で挟むと、白い脂肪の塊のようなものが出て来ます。

ニキビかなぁ・・・と思っていたんですが、わきの下にはにニキビは出来にくいので、わきの下のニキビのようなできものは粉瘤(ふんりゅう)である場合が多いようです。

粉瘤は、見た目はにきびとの見分けがつきにくいんですが、できものの頂点が黒くなっている場合が多いようです。
ふさがった毛穴のように見える黒色の点がひとつみられる場合、にきびではなくて粉瘤の可能性があります。


私自身も治したいので、粉瘤(ふんりゅう)の原因や治しかたについて調べてみました。

粉瘤(ふんりゅう)とは?原因と対策


粉瘤(ふんりゅう)とはどんな病気?
粉瘤(ふんりゅう)とは、外傷や何らかの原因で、皮膚の表面の細胞が内部に押しやられ毛穴から出られなくなることが原因で出来るもので、アテローム(粉瘤)と言われています。
毛穴から出られなくなった物(皮脂や汗、老廃物や脂肪などのいわゆる垢)は、真皮下に袋状になっている所に溜まり、にきびのように見えます。
できものを押すと白くて臭い粥状の物が出るんですが、これはニキビと違い、脂肪の塊ではなく、垢のカタマリなんです。

大きさはゴマくらいの小さいものからかなりおきなモノまであるようです。


粉瘤(ふんりゅう)の対策
まず、病院にいくのが一番のようです。
粉瘤で注意しなくてはいけないことは、粉瘤が次第に大きくなることと、化膿して赤く腫れ上がって強い痛みを生じることです。
このような症状があればすぐに皮膚科に受診した方がいいようです。




粉瘤(ふんりゅう)について調べてみたのですが、私のわきの下に出来ている症状とちょっと違うような気もします。

さらに調べると、粉瘤(ふんりゅう)には、アテロームと呼ばれているものと、表皮膿腫と呼ばれているもの、2種類ありました。


どうやら、表皮膿腫(ひょうひのうしゅ)は、多汗症の手術後などにまれに生じることがあるようなんです。
黒いカス(黒にきび)が点状に多発した感じに見えるのが表皮膿腫(ひょうひのうしゅ)のようです。


これだ~!
多分私のわきは表皮膿腫(ひょうひのうしゅ)のような気がします。

ちなみに、私のわきの下の症状は・・・全体的に黒ずんでいて、毛穴も黒い所が多々。
埋没毛になっているのかな?と思うのですが、ニキビみたいな物もたくさんできています。
3箇所くらい、大きいニキビのようなものがあり、抑えると白いものが出て来ます・・・


以前エステで脱毛した時にひどくなったので、表皮膿腫(ひょうひのうしゅ)っぽいですねぇ・・・

残念ながら、表皮嚢腫は手術以外の治療法は無いんだそうです・・・
治療方法は小さなものであれば、永久脱毛するように針で毛根を焼くんだそうです。
しこりが少し大きくなったものは一つ一つ袋を切除します。

表皮膿腫(ひょうひのうしゅ)の場合、形成外科にいくと良いようです。
同じような症状の方は、早めに形成外科に行ったほうが良さそうです・・・ スポンサーリンク

関連記事
スポンサーリンク
いつも参考にしております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。
[ 2010/06/30 22:21 ] [ 編集 ]
ニキビさん

コメントありがとうございます♪
肌の悩みは尽きません(TωT)
[ 2010/07/03 21:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサーリンク
スポンサーリンク