脇汗を抑える防止法やにおいの原因、わき毛の処理法方など、脇とムダ毛の悩みをとことん追求していきます。デオドラント(制汗剤)や脱毛剤の評判・クチコミ・体験談など

わきのニキビのようなでき物は化膿性汗腺炎?


TOP > スポンサー広告 > title - わきのニキビのようなでき物は化膿性汗腺炎?TOP > わきの下、足の付け根の脂肪のかたまり > title - わきのニキビのようなでき物は化膿性汗腺炎?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 関連カテゴリ

  スポンサー広告
TB(-) | CM(-) | [Edit]

わきの下に出来るニキビのような脂肪の塊のようなでき物は、化膿性汗腺炎(かのうせいかんえんせん)の場合があります。

化膿性汗腺炎(かのうせいかんえんせん)は、毛や汗腺にばい菌が付くと起こる病気で、繰り返し症状が続く場合があります。

ひどい場合は痛かったり、赤く腫れたり、出来物が大きくなったりするので、異常を感じた場合は皮膚科か皮膚泌尿器科を受診すると良いようです。



化膿性汗腺炎とは?


化膿性汗腺炎とはどんな病気?
アポクリン汗腺がたくさんある部位(わきや耳の裏、陰部など)に起こる、急性あるいは慢性の化膿性の病気です。
痛みのあるしこり、膿瘍(のうよう)ができたり、うみが出たりします。
痛みのあるしこりとして始まり、やがて赤みを伴ってドーム状にはれ、皮膚のなかで膿瘍(のうよう)をつくり、その後うみが出ていったんは治ります。

膿が出てなおって・・・というのが長期に繰り返します。

慢性的に繰り返すことによって、皮膚のなかで膿瘍と膿瘍がつながって瘻孔(ろうこう)(膿が出るための道、穴)をつくったり、ケロイド様の瘢痕(はんこん)となったりします。



原因は?
毛穴が詰まることが最初の原因で、詰まっている毛穴から殺菌が感染することでひどくなります。
わき毛を剃る事や、窮屈な下着をつけることによって摩擦の刺激が原因にもなります。


対策は?
自分で出来る対策としては、腋毛をそったりしない、きつい下着を付けない、など、化膿性汗腺炎の原因になることを避けるようにする。
一日一回はお風呂に入り、清潔にする事。


自分で治すには限界があるので、やはり、皮膚科に行くのが良いようです。
皮膚科での診断は、うみから細菌培養検査を行うようです。
皮膚科に行くと抗菌薬を内服します。
できものは切開してうみを出しますが、慢性になって治りにくい時は、手術する場合もあります。 スポンサーリンク

関連記事
スポンサーリンク
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサーリンク
スポンサーリンク