脇汗を抑える防止法やにおいの原因、わき毛の処理法方など、脇とムダ毛の悩みをとことん追求していきます。デオドラント(制汗剤)や脱毛剤の評判・クチコミ・体験談など

顔剃り方法



顔を剃る場合、カミソリでそるよりシェイバーで剃ったほうがいい、と以前の記事で書きましたが、カミソリで肌をいためないように綺麗に処理する方法も紹介しておきます。

私は以前、床屋さんで顔そりをしてもらっていたんですが、通い始めて3回目の時に、肌が荒れてしまい、床屋さんに通うのを辞めました。

きちんとしたプロが剃っても肌が弱い人なら荒れてしまう可能性はあると思うので、顔そりはカミソリを使わずに、シェーバーを使うか、あまり深く剃り過ぎないように注意しましょう!

カミソリで肌を痛めずに顔そりする方法


気をつけておきたいことが何点もあるので、一つずつあげていきます。

 カミソリは切れ味の良いものを使う

これ、結構大事です。
切れ味の悪いカミソリを使うと、うぶ毛が引っかかって、肌を傷つけてしまいます。
自分では引っかかったように感じない場合でも、傷つけていることが多いんだそうです。
顔そり用の有名な「貝印」のカミソリは、かなり安いです。
このような、易くて切れ味の良いかみそりを、1回使ったら捨ててしまう勢いで使ったほうが肌は優しいようです。
切れ味の鋭い新しいカミソリを使うと、力がいらないので、力を入れず、軽~く撫でる感じで剃りましょう。


 石鹸ではなく、クリームを付けてから剃る

お風呂場で洗顔をした後そのまま剃る・・・という方が多いと思うんですが、石鹸よりクリームをつけた方が肌に優しいです。
お風呂で洗顔した後、何でも良いのでクリーム状のものを顔に付け、同じ所を2回剃らないように注意しましょう。


 毛の流れに沿って剃る

床屋さんに行くと、まず毛の流れに沿って剃り、仕上げに毛の流れに逆らって剃っていくと思います。
でも、逆剃りは危険だと思うんです・・・
男性のヒゲは、2回剃ってもいいかな、と思いますが、女性は毛の流れに沿って、1回だけ剃るようにしましょう。


 剃る方向の逆に皮膚を引っぱる

上から下に剃るとして、カミソリを顔に当てたら、カミソリの上にもう片方の手を当て、皮膚を上に引っぱってから剃ります。
力を入れずに、歯を斜めにしてす~っと下ろす感じです。
唇の上はデコボコしていて剃りにくいので、鼻の下を伸ばしてから剃るようにしましょう。
皮膚がたるんだまま剃ると、肌が傷む原因になります。


 剃った後は保湿ケア
顔を剃った後は、お風呂に入り、洗顔をしましょう。
お風呂から上がったら、いつもの2倍は化粧水を叩き込み、乳液をつけて保湿!!



以上のことに注意しながら顔そりをしてみて下さいね♪ スポンサーリンク

関連記事
スポンサーリンク
きゃっぴぃさん、突然のコメント投稿で失礼いたします。
貝印 カイタッチ・プロジェクト!担当者のまつだと申します。
現在貝印では、貝印についてブログで取り上げていただいたお客様に、直接コミュニケーションをとらせていただく「カイタッチ・プロジェクト!」という活動を行っており、勝手ながら、コメントをさせていただきに参りました。

▼カイタッチ・プロジェクト!について、詳しくはこちらをご参照下さい。
http://www.kai-group.com/jp/kaitouch/

ありがとうございます!貝印のカミソリを使っていただいているんですね!!
しかもきゃっぴぃさんの処理方法、完ぺきです(*^-^*)。

まさにその通りです。カミソリは切れ味が大事ですよね。でも、カミソリにお金をかけたくない、だからできるだけ長く同じカミソリを使ってしまう・・・っていう気持ちも分かります(^_^;)。

でもきゃっぴぃさんの言うとおり、切れない刃を使っていると、肌が痛むし、何よりそれを繰り返すと、皮膚が硬くなってしまう原因になりますからね(^o^)丿。

これからも、貝印のカミソリを末永くよろしくお願いします(^v^)。

弊社サイトにリンクを貼らせていただきますが、不都合等ございましたら、ご連絡下さい。
今後とも貝印をよろしくお願いいたします。
[ 2010/05/18 10:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサーリンク
スポンサーリンク