脇汗を抑える防止法やにおいの原因、わき毛の処理法方など、脇とムダ毛の悩みをとことん追求していきます。デオドラント(制汗剤)や脱毛剤の評判・クチコミ・体験談など

豆乳ローションの作り方その1 用意する材料


TOP > スポンサー広告 > title - 豆乳ローションの作り方その1 用意する材料TOP > 豆乳ローションの効き目・作り方 > title - 豆乳ローションの作り方その1 用意する材料

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 関連カテゴリ

  スポンサー広告
TB(-) | CM(-) | [Edit]

豆乳ローションの作り方をネットで調べてみると沢山載っていたので、私も作ってみようと思います♪
(ちょっと面倒なので、買ったほうが早いかも・・・)

まずは材料から揃えていきましょう~♪

豆乳ローションの材料と分量


レモン レモン(生れもん) サイズ 中位のもの 2個(絞って70-100ml 程度)
(市販されている果汁はダメ!無農薬・新鮮なものをがおすすめ)
豆乳 無調整豆乳 ※必ず『無調整豆乳』を使用すること! 500ml
(豆乳は製造してから日の浅い新鮮なものがいいらしい)

エタノール 消毒用アルコール(消毒用エタノール) 60ml(大さじ4)
(脂性肌は多めに、乾燥肌は少なめに、30~100mlの間で調整)


その他の道具
・小さめのなべ なべ 
・清潔なサラシや手拭いなど
・キッチンペーパー2枚ほど
・ザル
・ボウル
・計量カップ
・保存容器(小分けして冷凍しておくと便利)

あると便利
・レモン絞り器
・温度計 温度計



消毒用エタノールは、薬局で500円~1000円程度で売っています。



この消毒用エタノールははドラックストアで500円でした。

レモン搾り器は百均にあったので買いました♪



購入したのは消毒用エタノールとレモン搾り器とレモン、豆乳と小分けに冷凍保存出来る保存容器です。
全部で1,000円くらいかかりましたが、美白の化粧水や抑毛ローション買うより絶対安いですよね~!


豆乳ローションは全部で400mlくらい作れて、顔の美白化粧水にもなり、脇の黒ずみにも効果があります。

脇や顔、腕、脚、背中、ビキニラインなどなど・・・全身の気になる部分に使えるんです!
顔の産毛も薄くなったら嬉いなぁ・・・


※消毒用アルコールは入れなくても大丈夫です!
エタノールは清涼感や防腐、成分を安定に溶かしておくのに有効なんだそうです。
抗菌性は低下しますが、不安な方、肌が弱い方は、消毒用アルコールをいれずに作ってみても良いと思いますよ♪
スポンサーリンク

関連記事
スポンサーリンク
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサーリンク
スポンサーリンク