脇汗を抑える防止法やにおいの原因、わき毛の処理法方など、脇とムダ毛の悩みをとことん追求していきます。デオドラント(制汗剤)や脱毛剤の評判・クチコミ・体験談など

ミョウバン水の作り方


TOP > スポンサー広告 > title - ミョウバン水の作り方TOP > ミョウバンの効果・使い方 > title - ミョウバン水の作り方

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 関連カテゴリ

  スポンサー広告
TB(-) | CM(-) | [Edit]

ミョウバン、ついに購入してきました♪
早速ミョウバン水を作ってみました。

焼きミョウバンは薬局で購入しました。
値段は300円(税別)で、市販でよく売られているものは「焼きミョウバン」のようです。


ミョウバン水の作り方


(1)まず、ミョウバン原液を作ります。
ミョウバン原液は、焼きミョウバン50gを水道水1.5リットルで溶かすだけで出来ます♪
(焼きミョウバン5g、水150ccで少量を作ってもオッケイ!)

ミョウバンは水に溶けにくいので、直射日光の当たらないところで2、3日置いておきます。
ミョウバンが溶けて透明になったら、原液の完成です。

(※原液は、常温(涼しい日陰)で1ヶ月くらい保存可能です。)


(2)原液が出来たら、ミョウバン水を作ります。
原液を10倍に薄めれば、みょうばん水の完成です!
簡単ですね~♪
脇につけやすいようにスプレーのついたボトルなどに入れると便利です。

(薄めたミョウバン水は冷蔵庫で保存したほうが良いようです)


※薄め方には個人差があるので、刺激が強かったら、さらに薄めてください。
使う前に、肌に合わなかったらいけないので、少量を腕の内側などに塗ってみて、痛くないか確かめたほうがいいようです。



この「ミョウバン水」は、消臭効果、雑菌効果、お肌を引き締める効果があり、脇だけでなく、臭いが気になる所なら足でも使用できるし、お風呂に入れても良いんですよ~♪

ミョウバンの臭いが気になる場合は、ミント等のエッセンシャルオイル入れてみたり、レモン汁を入れると良い香りになるので、お好みで試してみてください。
私は何も入れなくても全然ニオイ気にならなかったですよ~


ミョウバン原液の保存方法


原液は常温で1ヶ月持ちます。
冷暗所で保管し、ペットボトルに入れて密閉すると使いやすいですよ!

1ヶ月以内でも浮遊物などがある場合は捨てたほうがいいようです。
簡単&安価で出来るので新しく作り直しましょう♪
jam2.gif
使用する際に薄めたミョウバン水は冷蔵庫で保存したほうが持ちがよくなるようですが、面倒なので私は常温保存してます。
すぐ使い切るように小さい容器に入れています♪


次回は「ミョウバン水の使い方」について書いていきます。 スポンサーリンク

関連記事
スポンサーリンク
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサーリンク
スポンサーリンク